2017.08.18
column

アイリストになりたいけど美容師免許を持っていないあなたへ

 

未経験の私でもアイリストになれますか?

 

「美容師免許を持っていない」

「美容業界で働いたことが無い」

「年齢もそんなに若くありません・・・」

 

上記に当てはまるアイリストを目指す皆さんに、ぜひ読んでいただきたい内容です。

 

説明会にお越しいただいた方に、どうしてアイリストになりたいのかお聞きすると「ずっと美容に携わる仕事がしたくて」という声をよく耳にします。

 

美容の仕事と一言でいっても、たくさんあります。

美容師、ヘアメイク、美容部員、着付け、ネイル、エステなどがその一部です。

 

なぜ「アイリスト」に興味を持ったのか?

それはマツエクは無くてはならないメイクの一部で、それを付けてくれるアイリストさんがとても身近な存在だから。

 

担当のアイリストさんと仲良くなり、仕事の話を聞く機会もあるかと思います。

「この仕事なら子供を育てながら家事と両立して働けるんじゃないか?」

「いますぐには無理でも、学校に通いながらゆくゆくは憧れの美容業に転職できるのでは?」

そのような理由からアイリストを目指す方が増えています。

 

生徒の年齢層は?未経験は不利?

学校に通っているのは、10~20代前半の若い生徒ばかりなのでは・・・?そのような質問をよくいただきます。

確かに最近では、高校を卒業して進学先を選ぶときに、美容師ではなくアイリストを目指して美容専門学校へ通う方も増えてきました。

 

そのため学校を卒業後は、アイラッシュサロンへ新卒入社するという20歳~20代前半のアイリストもたくさんいます。

ですが現役バリバリで働くアイリストを見てみると、年齢・前職は様々です。

 

アンドルーチェテクニカルスクールは、社会人向け(大人)が通うまつげエクステスクールです。

アイリストになるために、「まつげエクステ技術」と「美容師免許」を合計3年かけて取得します。

 

毎日授業があるわけではないので、家事や育児の合間を使ったり、お仕事をしながら休みの日に通われる方がほとんどです。

生徒の年齢層は、20歳前後~50歳前後です。

 

次に、美容業界で働いた経験が無いのは不利か?ということですが、一概には不利とは言えません。

お店の立地、お客様層、大型店、個人店、高級志向、アイラッシュ専門店、美容院併設サロンなど、お店のコンセプトによって求められるアイリスト像は異なります。

 

例えば、美容業以外の仕事を経験していることで会話の引き出しが増えたり、業界の慣習を知らないからこそ「もっとこうした方がいい!」と思う部分があったり、結果お客様に喜んでいただけることもあると思います。

年齢や経験に関わらず「どんなアイリストになりたいのか?」そこを深く突き詰めることで目指す方向や身に付けたいスキルがはっきりしてきます。

 

アイリストになるには美容師免許が必要?

まつげエクステンションの施術を行うには有料、無料の施術に関わらず美容師免許が必須です。

 

まつげエクステンションの施術に美容師免許が必要になったのは平成20年。

いまからおよそ9年前です。

 

とはいってもその頃は「アイリスト」という職業の認知度は低かったため、美容専門学校を卒業後にすぐにアイリストになるという例はほとんどありませんでした。

美容師からアイリストに転職する人が多かったのです。

 

ですが現在は、アイリストになるために「美容師免許」を取得する人が増えています。

未経験からアイリストを目指すことは決して珍しくなくなりました。

 

美容師免許を取得する方法は大きく分けて2つあります。

美容専門学校の昼間課程(2年)と通信課程(3年)に通う方法です。

 

少しでも早くアイリストになりたい、という方には1年間の差は大きいですよね。

ですが現在お仕事をされていたり、家事や育児と両立しながらとなると週4~5日間お昼に通学するのは結構大変です。

 

ましてや短期間ではないため、無理をして続かなければ結局意味がありません。

アンドルーチェテクニカルスクールでは、自分のペースで無理なくアイリストを目指したい方にぴったりのコースをご用意しています。

 

 

【美容師国家資格取得支援コース】についてはこちらの記事をご覧ください

 

【説明会&アイリスト体験会】へのお申し込みはこちらです

無料施術体験付き説明会|迷われているならぜひ!一度説明会へお越しください♪。学院長が詳しくご説明いたします! 提携専門学校の通信課程の授業の様子を見学出来ます。実際のサロンワークや、今の生活との両立などスクールの 気になることが直接講師陣に聞ける!