2017.10.06
column

学院長●西尾育子のマツエクサロン開業までの道のり【OL時代編】

 

学院長の西尾育子がOL時代を経て、マツエクサロンを開業するまで

 

子ども時代の話や製鉄関係の商社OL時代の話、ネイリスト時代の話に至るまでたっぷり話してもらいました。

今回は【OL時代編】です。

 

社長と結婚するんじゃなくて自分が社長になったらいい。

Q 短大生の頃はどんな風に過ごしていたんですか?

学校の成績は中の中ぐらいでした。

めちゃくちゃ悪くはなかったけど良くもない。

将来目指すものも特になく、卒業後の進路についてはあまり深く考えていませんでした。

 

Q OL時代の話を教えてください!

短大卒業後は、なんとなく受けて受かった製鉄関係の商社に就職しました。

そのころの目標は「社長と結婚する!」でした。

 

コンパばかり行っていたOL時代。

今思うと、こんな社員が自分の会社にいたら嫌やなぁ~って思うことばかりしていました。

大反省です。

母子家庭でずっと働いていた母の背中を見て育ったはずなのに、方向ずれちゃいました。

でも貯金だけはちゃんとしていたんです。

何かあったときのためにって、小さいころから無駄遣いはしませんでした。

 

Q どういう経緯で起業の道に進むのでしょうか?

ある日、コンパばかりしていた私にお告げが・・・。社長と結婚するんじゃなくて、自分が社長になったらいいやんって。

社長になる。会社をつくる。

どんどんイメージが広がって、何のビジネスをしようかそればかり考えるようになりました。

 

ネイリスト時代の話はこちらの記事をご覧ください